検査・治療
胃カメラ/大腸カメラ/超音波検査/心電図・ホルター心電図/
禁煙外来/予防接種/ビタミン注射

血球成分除去療法

血球成分除去療法とは、どんな治療?

潰瘍性大腸炎、クローン病の特殊治療
*他の薬物療法と比べ副作用が少ないのが利点です

血球成分除去療法は、院長澤田が兵庫医科大学消化器内科(講師)在職中、10数年かけて炎症性腸疾患治療として開発・発展させ、 世界に 先駆けて健康保険適応治療として日本全国に普及させた治療法です。これは一種の体外循環治療で、全血液を一時的に体外に取り出し、 腸の炎症を悪化・慢性化させている原因の一つである異常に活性化した白血球(顆粒球、単球、リンパ球など)を効率良く取り除き、 炎症に伴う症状の改善をもたらすものです。

本治療が新たに潰瘍性大腸炎の治療として使用されるようになり、従来の治療薬(ステロイド剤 やサリチル酸製剤)で病気をコントロールできなかった潰瘍性大腸炎患者様の7~8割がコントロール可能となり、内科的治療による改善率が 飛躍的に向上するようになりました。現在、保険適応の血球成分除去療法には2種類があります

  • 白血球除去療法(Leukocyte apheresis:LCAP)
  • 顆粒球単球吸着療法(Granulocyte-monocyte apheresis:GCAPまたはGMA)
治療に伴う有害事象(副作用と臨床検査値の異常)は 約5%と少なく、すべて軽度でかつ一時的なものです。治療中に一時的に血中白血球数は減少しますが、体内に貯蔵されている白血球が 動員され、白血球減少症などの問題は出現しません。また、重篤な副作用の報告もありません。

血球成分除去療法の治療回数について

潰瘍性大腸炎やクローン病の難治定義に入り、入院を必要としない程度の患者様であれば外来で受けて頂くことができます。症状が重篤な場合は他院での入院治療が必要です。
血球成分除去療法には2種類が保険適応になっています。

  • 白血球除去療法(Leukocyte apheresis:LCAP)
  • 顆粒球単球吸着療法(Granulocyte-monocyte apheresis:GCAPまたはGMA)
治療回数は10回まで可能 (劇症のみ11回,但し入院が必要)、週1回より週2回の間隔で集中的に治療した方がより効果が期待できます。治療導入時、どちらの フィルターを使うかは臨床症状や血液検査、大腸内視鏡(大腸カメラ)の結果によって専門医が判断します。 効果判定は主に臨床症状の改善が目安となりますが大体は治療5回終了時に行い、場合によってはフィルターの変更をする場合もあります。

実際の血球成分除去療法の順序について

実際の治療を具体的に説明しますと、両腕の血管(中窩静脈)を使って、血液を抜く方(脱血側)と血液を返す方(返血側)に透析用カテーテル (長い管)を挿入し、途中で血液が固まらないように抗凝固剤を加えながら脱血側から血液を体外に取り出し、白血球等を吸着する特殊な フィルター(糸状の膜:セルソーバ) またはビーズ(球状の粒:アダカラム)が入った円柱状の容器に毎分約30~50mlの速さで通過させ、 通過している間に異常に活性化した白血球を吸着除去し返血側に吸着後の血液を返します。

当院では治療の約2時間前から穿刺部位(カテーテルを入れる部位)に麻酔のシールを貼ってきてもらい、痛みを少しでも緩和するようにして います。治療時間は治療前後の処置(消毒・循環治療・止血)を含め約1時間半~2時間で、 1回の治療で合計約1,800~3,000mlの血液を 処理致します。

白血球除去療法(LCAP)

白血球除去療法(leukocyte-apheresis: LCAP)は体外循環治療機器である旭メディカル社製の白血球除去フィルターです。
カラム内には、直径3μm以下のポリエステル線維膜が数万本入っており、その膜に活性化された顆粒球、単球はほぼ100%、 リンパ球と血小板はそれらの活性化程度により30~60%吸着されます。

顆粒球単球吸着療法(GMAまたはGCAP)

顆粒球単球吸着療法(Granulocyte-monocyte-apheresis:GCAPまたはGMA)はJIMRO社製で内部にセルロースアセテート素材の直径約2mmのビーズが3万5千個(220g)入っており、その表面に顆粒球と単球が約30~50%吸着され(活性化されたものがより効率に吸着)、リンパ球や血小板はほとんど吸着・除去されないのが特徴です。

予約について

治療は予約制です。通常は月~金曜日の10時から最終受付は18時です。学校やお仕事帰りに受けて頂くことが可能です。
ご自宅や会社が本クリニックのお近くであれば、通院治療がかなり便利になるものと思います。現病院の主治医の先生よりご紹介頂ければ、本クリニックでの治療のみ(内服薬・検査はご自身のクリニック・病院で、血球成分除去療法のみ当院で治療)も可能です。

まずは、診察の予約を取っていただき、医師との相談後に血球成分除去療法の予約を取ってください。

診療時間

午前 8:30〜13:00
午後16:00〜19:00
(※火・水・木のみ14:00〜19:00)

各種検査

午後14:00〜16:00

休診日

土曜・日曜・祝日

お問い合わせ

tel.06-6343-1000
fax.06-6343-1005
mail:support@dojima-gi-clinic.jp

午前外来診療|13:00までの受付
午後外来診療|19:00までの受付
お時間までにご来院ください。

Eメール・ファクス/24時間受付
受付完了のご連絡を必ずご確認ください。

中之島クリニック 関連施設のご案内

トップ