検査・治療
胃カメラ/大腸カメラ/超音波検査/心電図・ホルター心電図/
禁煙外来/予防接種/ビタミン注射

大腸カメラ

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

当クリニックではお薬で眠っている間に検査ができるため、苦痛が少なく検査を受けることが可能です。
【検査所要時間:約30分】

大腸カメラの費用の目安は、保険診療3割で約7000~8000円+病理組織検査1臓器につき約4000円追加となります。(医師判断で病理組織検査をしない場合もあります。)
検診(自由診療)として大腸カメラを受診いただくことも可能です。
検診大腸カメラ費用としては、約23000円~です。
検査の内容により金額については、多少個人差があります。ご了承ください。

大腸カメラってどんな検査?

大腸のカメラは肛門から細いカメラを入れて大腸の中(小腸の一部まで診ることもあります)を 直接診ながら、粘膜の状態・出血の有無、ポリープや潰瘍・腫瘍の有無などを観察していく検査です。
大腸の検査では正確な診断を得るために検査前に腸の中を空にしておく必要があります。
当クリニックでは3種類の腸管洗浄剤を用意しております。
水溶性の腸管洗浄剤1.8L(マグコロールP)または2L(モビプレップ)を約2時間かけて飲んでいただくか、錠剤の腸管洗浄剤(ビジクリア)を、2Lのお水またはお茶で一回に5錠ずつ(計50錠) 飲んでいただきますが、ご希望により選択して頂いています。
検査当日にこれらの準備は通常は自宅で行ってもらいますが、早めに当クリニックに来て 頂いて飲んでもらっても構いませんので、ご希望があればご相談下さい。

大腸カメラ当日は、予約時間までに来院して頂き、検査着に着替えて頂きます。
希望の方には、検査中に少し眠たくなるお薬を使いますので、お薬を入れる為に点滴をさせて頂きます。
準備が整って検査開始です。痛みがあれば、必要に応じてお薬を追加するなど、 苦痛を和らげて検査が行われます。

検査後

眠たくなるお薬を希望された方や、検査後に気分のすぐれない方には、処置室にあるリクライニングチェアーでゆっくり休んで頂いてから、帰宅して頂いています。

ご予約について

検査は予約制です。通常は月曜~金曜日の午後13時から16時のご予約になります。

電話でご予約下さい。

大腸ポリープ切除術

近年、我が国も欧米化の食生活へ変化したことより大腸がん、大腸ポリープが増加しています。 大腸ポリープが数年の経過の後にがん化することが判っており、良性のポリープのうちに、 内視鏡で切除(内視鏡下手術)してしまえば、そのポリープより進行して来る大腸がんは100%近く予防出来ます。 大腸内視鏡にて大腸がんの予防的治療をお勧めいたします。

  1. スネアを開いて、その中にポリープを通す、茎部が太い場合には、あらかじめ茎部にHSE局注やクリップ、留置スネアなどを行っておく。
  2. ポリープの茎部でスネアを絞る。茎部が長い場合には、ポリープにより近い部分で絞扼する。
  3. スネアを少し持ち上げて、高周波電流で切除する。切除部分から出血などが認められる場合には、クリップなどにて止血操作を追加して行う。
  4. 切除されたポリープをなど三脚鉗子にて回収する。

診療時間

午前 8:30〜13:00
午後16:00〜19:00
(※火・水・木のみ14:00〜19:00)

各種検査

午後14:00〜16:00

休診日

土曜・日曜・祝日

お問い合わせ

tel.06-6343-1000
fax.06-6343-1005
mail:support@dojima-gi-clinic.jp

午前外来診療|13:00までの受付
午後外来診療|19:00までの受付
お時間までにご来院ください。

Eメール・ファクス/24時間受付
受付完了のご連絡を必ずご確認ください。

中之島クリニック 関連施設のご案内

トップ