診療案内
IBD(炎症性腸疾患)/UC(潰瘍性大腸炎)/CD(クローン病)/血球成分除去療法/
レミケード治療 IBS(過敏性腸症候群)/C型肝炎

IBS(過敏性腸症候群)

IBS(過敏性腸症候群)の治療方法・検査など

IBS(過敏性腸症候群)とは

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:IBS)とは器質的疾患を問わず、腹痛・腹部不快感と便通異常(下痢・便秘)を主体とした消化器症状が長期間持続もしくは悪化・改善を繰り返す機能性疾患(RomeⅢ基準)と定義づけられています。
腹部の一般的な検査を受けてみても「特に異常はない」と言われるのに、 「仕事中や会議中に急にお腹が痛くなる」「通勤・通学時に電車の中で腹部に不快感を覚え、途中下車をしてしまう」「便秘や下痢などの便通異常が慢性化している」などといった症状がある場合、過敏性腸症候群である可能性があります。
過敏性腸症候群(IBS)は日本人では多くみられる病気で、約10%の方が過敏性腸症候群(IBS)の症状を持っているとも言われています。

RomeⅢ基準におけるIBSの診断基準

RomeⅢ基準におけるIBSの診断基準としては、過去3か月間にわたって腹痛あるいは(腹部不快感)が繰り返し起こり、下記の2項目以上の特徴を示すとなっています。

  • 1.排便によって症状が改善する
  • 2.排便頻度の変化がある
  • 3.便形状(外観)の変化がある

(腹部不快感)とは、痛みでは表現できない不快な感覚を意味します。週に2日以上の痛みあるいは、不快症状があるものを言います。

RomeⅢ基準におけるIBSの分類

IBSはブリストル便形状スケールを用いて、その便形状と割合から、
①下痢型、②便秘型、③混合型、④分類不能型の4つに分類されます。

便形状の分類(ブリストル・便形状スケール)
コロコロ便とは、 硬くコロコロのうさぎのふんのような便。
硬い便とは、短く固まった硬い便。
やや硬い便とは、 水分が少なく、ひび割れている便。
普通便 とは、適度な軟らかさの便。
やや軟らかい便とは、 水分が多く非常に軟らかい便。
泥状便とは、 形のない、泥のような便。
水様便とは、水のような便。

①下痢型 :「泥状便・水様便」が多い。
②便秘型 :「硬い便・コロコロ便」が多い。
③混合型 :「泥状便・水様便」になったり、「硬い便・コロコロ便」になったりする。
④分類不能型:その他 上記のどれにも当てはまらない。

IBSは自己流の対処では治りにくい病気です。消化器内科の専門医による正確な診断を受診し、治療することが必要です。

こんな症状ありませんか?

  • 便通異常を伴う腹痛あるいは腹部不快感がある
  • いつも便秘気味である
  • 急な腹痛や下痢でトイレに駆け込むことが多い
  • 便秘と下痢が交互に起こる
  • いつ下痢になるか不安である
  • 朝食・昼食後にお腹がゴロゴロして腹痛出現し、トイレに行くと下痢である

上記のような便通症状が続く場合は、内科や消化器内科を受診して正確な診断や治療を受ける必要があります。

診療時間

午前 8:30〜13:00
午後16:00〜19:00
(※火・水・木のみ14:00〜19:00)

各種検査

午後14:00〜16:00

休診日

土曜・日曜・祝日

お問い合わせ

tel.06-6343-1000
fax.06-6343-1005
mail:support@dojima-gi-clinic.jp

午前外来診療|13:00までの受付
午後外来診療|19:00までの受付
お時間までにご来院ください。

Eメール・ファクス/24時間受付
受付完了のご連絡を必ずご確認ください。

中之島クリニック 関連施設のご案内

トップ